MESSAGE

先輩の声

松寺 翔太郎 (まつでら しょうたろう)

入局 2016年

学内助教(小児外科チーム)

小児外科医の一番の魅力は成長していく姿を
見守りながら長い付き合いができること

先天性食道閉鎖症の新生児との出会い

研修医時代に手技の魅力を間近で見て「外科医になりたい」という気持ちが芽生えました。外科医のなかで小児外科医を目指したのは、子どもの頃によく風邪を引いて扁桃炎をこじらせたりして小児科医が身近な存在だったから。それと小児外科で研修した際に担当したのが先天性食道閉鎖症の新生児で、手術を受けて元気に食べられるようになっていく姿が忘れられず「小児外科の道を進もう」と決心しました。

手術のイメージトレーニングを繰り返す日々

小児の臓器は小さくてデリケートなので、術中はできる限り傷が小さく済むように細心の注意を払います。手技の技術をいっそう高めるため、空いた時間があれば解剖や症例の知識を蓄えるのはもちろん、糸を結ぶ練習やイメージトレーニングを繰り返しています。手術に自信を持つことは大切ですが、決して慢心や過信をせず、つねに緊張感を持ち続けたいと思っています。

小児外科グループはひとつのファミリー

小児外科医の一番の魅力は、子どもたちの成長していく姿を見守りながら長い付き合いができること。ご両親との関わりも多いので、親身で思いやりのある診療を心がけながら、ご両親と信頼関係を築けるように心がけています。また、当科の小児外科グループは年齢層が幅広く、ファミリーのような感じ。僕は一番末っ子です(笑)。診療中や手術中は緊張感がありますが、ふだんは和気あいあいとして、とてもアットホームな雰囲気です。

内視鏡外科技術認定医の取得など専門性を極めたい

2019年春から東京医科歯科大学に出向し、がんゲノムを中心とした研究に取り組む予定です。難しいテーマですが、小児外科グループのメンバーから「しっかり勉強して、その知識や経験を持ち帰ってね」と応援の言葉をいただいているので、せいいっぱい頑張るつもりです。今後の目標は、ありきたりですが、思いやりある診療を大切にしたい。そして小児外科の分野でも内視鏡手術が増えているので、将来的には内視鏡外科技術認定医の取得など専門性を極めたいと思っています。

入局する方に向けての
メッセージ

研修医のときに「和気あいあいとして働きやすそうな雰囲気」と感じた印象が、今もずっと続いています。アットホームで楽しい職場なので、是非一緒に働きましょう!

藤田 純輝 (ふじた じゅんき)

入局 2016年

学内助教

医療現場で新しいことを次々と任され
何かあれば先輩がすぐフォローしてくれる

「入局するなら第一外科」と決めていました

僕の父は当科のOBで、消化器専門の開業医をしています。入院患者さんのことを考え、基本的に遠出や旅行はあまりしない責任感の強い人。そんな父が僕にとって医師の手本であり、「入局するなら第一外科」と自然に考えるようになりました。父が入局していた頃の第一外科は「怖くて厳しかった」そうですが、今はみんな優しくていい雰囲気。「全員で頑張ろう!」というチームワークもあり、良好な人間関係を築けるところだと思います。

いつも温かく見守ってくれる先輩方に感謝しています

入局してできることが増えるにつれ、先輩に「後はやっておいて」といろいろなことを任されるようになりました。そのスピードの早いこと。チューブを皮下に埋め込む「CVポート造設」を任されたときは「え、僕でいいの!?」と驚きました。とはいえ、僕が少しでもまごついていると、すぐ先輩が飛んできます。「あ、呼ばれてしまった」みたいな…(笑)。そんなふうに、いつも温かく見守ってくれる先輩方に感謝しています。

基本的に「褒めてのばす」職場です

当科は優秀かつ勉強熱心で、しかも優しい方ばかり。嫌味を言う人もいなければ、ムダに怒ったりしません。基本的に「褒めてのばす」職場ですが、もし僕が安全に反したことをやろうとすると、ものすごい勢いで叱られます。「なぜ、その方法がいけないのか」と徹底的に説明してくれます。医療は安全第一を基本に、最善の方法を取れるように知識や技術を磨く大切さを日々学んでいます。

「とちぎメディカルセンターしもつが」で年間100件以上執刀しました

入局3年目に「とちぎメディカルセンターしもつが」へ1年間出向しました。大学病院とは違い、診察から手術の日程決め、執刀まですべて自分で仕切ります。大手術は少ないものの、胆嚢摘出手術、ヘルニア、痔の手術など年間100件以上執刀しました。「藤田先生に担当してもらって良かった」と患者さんに言われると本当にうれしく、責任感もいっそう強くなった気がします。将来は、消化器外科医、食道外科医など、いろいろな道がありますが、今は先輩から多くのことを吸収したいと思っています。

入局する方に向けての
メッセージ

「外科は忙しい!」というイメージがありますが、当科は仕事もプライベートも大事にできる職場だし、仕事はとにかく楽しい。一緒に頑張りましょう。

阿久津 律人 (あくつ りつと)

入局 2018年

レジデント

いつチャンスが巡ってきても自信を持って臨めるよう
日頃から知識や技術を磨いています

医者は、人の命に直結する仕事。そこに大きな魅力を感じます

子どもの頃、祖父母が病気がちだったので、しょっちゅう病院へお見舞いに通っていました。中学生になったとき、家族の立ち会いのもと、母が帝王切開で妹を出産しました。このように家族を通じて医療の現場に関わる機会があって、医者になるという夢を抱くようになりました。世の中には人を助ける職業が多くありますが、なかでも医者は、人の命に直結する仕事であることに大きな魅力を感じます。

全科のなかで一番良い雰囲気だったのが「第一外科」です

臨床実習で全科を回らせてもらい、医師と看護師がいきいきと仕事をして一番良い雰囲気だったのが「第一外科」でした。まだ医局員が少ないこともあって、若手にどんどんチャンスが回ってきます。特に、研修医からレジデントに上がってからは、任されることが一気に増えました。手術に対して最初は不安もありましたが、いつチャンスが巡ってきても自信を持って臨めるよう、先輩の手技のビデオを見て研究するなど手術のイメージトレーニングをしています。

胃内視鏡検査では患者さんに苦痛を与えずにできる方法を日々研究

最近、印象に残っているのは、胃内視鏡検査をした患者さんに「今まで何回も検査を受けてきたなかで、今回が一番苦しくなかった」と言われたこと。自分なりに、どうしたら患者さんに苦痛などを与えずにできるだろうと日々研究をしているので、その結果が出たとしたらうれしいです。これからも経験を重ねながら、手術や検査の技術を磨いていきたいと思っています。

忙しいということは、それだけ学びや成長のチャンスも多いこと

よく外科医は「忙しくて大変」といわれます。僕にとって忙しいということは、それだけ学びや成長のチャンスが多くて喜ばしいこと。この恵まれた環境に感謝しながら、優秀な先輩を見習って、どんどんステップアップしていきたいと思います。将来の道はまだ定まっていませんが、外科医として手術ができる環境にずっと身を置けるように努力していきたいです。

入局する方に向けての
メッセージ

当科には、忙しいときにサポートしてくれる先輩がたくさんいるので安心してください。みんなで協力しながら乗り切っていきましょう!

ページトップへ戻る