• 安全かつ確実な
    侵襲の少ない
    外科手術を追及

ダビンチを用いたロボット手術

ロボット支援下手術は、腹腔鏡下手術の進化形です。人間の関節の可動域を超えた動きが可能なこと、手ぶれが完全に抑えられていること、安定した3Dの術野が得られることなどにより、術後の合併症を低減できる可能性が示唆されています。一方、触覚がないこと、手術コストが高いことなどが欠点として挙げられます。

入局希望の方 ─ 先輩の声

獨協医科大学第一外科で活躍する、先輩達の声をご紹介します。入局を決めた理由や魅力、やりがいなどを語っていただきました。

患者さんの希望に添った医療を

鏡視下手術、ロボット支援下手術を導入し、より侵襲の少ない外科手術を追及

お知らせ NEWS
お知らせ

ページトップへ戻る